平家蟹

HEIKEOPSIS JAPONICA

 

ギター独奏の為の後奏曲

Postlude for Guitar Solo

 

(2016)

 

[ca. 4 min.]

 

 


“七百余年の昔のこと、下関沖の海峡・壇ノ浦で、永らく覇権を争った平家と源氏の最後の合戦が行なわれた。そこで平家は壊滅し、女も子供も、いま安徳天皇として記憶される幼帝もまた亡びた。その海と渚は七百年の間、亡霊に取り憑かれてきた。私は前に別の本で“平家蟹”と呼ばれる壇ノ浦独特の奇態な蟹について述べたことがある。その甲羅には人面が浮かび、平家の武者の亡魂が現れている、と噂されるのだった。[小泉八雲著《怪談》〜〈耳なし芳一の話〉冒頭]
ギター独奏曲「平家蟹」は、ギター&ヴァイオリン二重奏曲「異人歴程」の最終章から、ふと零れ落ちた後奏曲である。この極小の世界に耳を澄ますと、水泡の底の呟きと共に、喪われた鐘の聲が遠く木霊しているかも知れない。 

 

"More than seven hundred years ago, at Dan-no-ura, in the Straits of Shimonoseki, was fought the last battle of the long contest between the Heike, or Taira clan, and the Genji, or Minamoto clan. There the Heike perished utterly, with their women and children, and their infant emperor likewise--now remembered as Antoku Tenno. And that sea and shore have been haunted for seven hundred years... Elsewhere I told you about the strange crabs found there, called Heike crabs, which have human faces on their backs, and are said to be the spirits of the Heike warriors." from The Story of Mimi-Nashi-Hoichi [Kwaidan: written by Lafcadio Hearn]

 

I composed HEIKEOPSIS JAPONICA (HEIKE-GANI) as a postlude for guitar solo. You might listen to echoes, bubbles, murmurs and also faraway sounds of Heike-Biwa from the bottom of the sea in this minimum piece.

[委嘱]

 

ペトリ・クメラ

 

 

[演奏記録]

 

2017年7月14日 フィンランド キミト島音楽祭

2018年11月4日 神奈川県川崎市 川崎能楽堂